ガルーラ - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

ガルーラ 節を編集

No.115 タイプ:ノーマル
体重  :80.0kg(けたぐりの威力80)

・メガガルーラ
タイプ:ノーマル
体重 :100.0kg(けたぐりの威力100)
能力比HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ガルーラ1059580408090490
メガガルーラ10512510060100100590

ばつぐん(4倍)---
ばつぐん(2倍)かくとう
いまひとつ(1/2)---
いまひとつ(1/4)---
こうかなしゴースト

バランスの良い能力を持つ単ノーマルタイプのポケモン。

本編シリーズではメガシンカ時に得る特性おやこあいにより驚異的な攻撃性能を発揮する対策必須級ポケモンの一角だが、
ピカブイでは特性を喪失しているので、メガシンカはただステータスが強化されるだけに留まる。
すてみタックルを覚えなくなったのも痛手であり、完全に牙を折られてしまっている。

一方でピカブイでは数少ない一致ねこだまし使いであり、ねこだまし→一致技→ふいうちまで含めた総合火力はなかなかのもの。
いわなだれも習得できるので、ダブルバトルでの活躍もある程度期待できる。



形態考察 節を編集

通常ガルーラ 節を編集

そのままでも戦えるだけの能力はあるが火力がやや足りない。
ダブルで補助主体の使い方をするなら、メガシンカは他に譲ってしまって構わない。

メガガルーラ 節を編集

耐久・火力・素早さすべてが高水準にまとまったステータスになる。
採用理由であったおやこあいを失っているので、メガシンカエースとしてはやや魅力に欠けるか。


技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
メガトンパンチ80(120)85-タイプ一致技。命中不安に見合う威力とは言い難い。
ピヨピヨパンチ70(105)100混乱20%タイプ一致技。威力がやや低いが性能安定。
ずつき70(105)100怯み30%タイプ一致技。ピヨピヨパンチと同威力。怯みを取るなら。
からげんき70(105)→140(210)100状態異常で威力倍火傷対策。どのみち一致技は低威力なので積極的に採用できる。
ねこだまし40(60)100優先度+3
怯み100%
ダメージ蓄積、決定力向上。ダブルでの味方の保護にも。
じしん100100-対いわ・はがね。ゲンガーAガラガラにも通る。
かみくだく80100防御↓20対エスパーに有用。防御ダウンによるごまかし性能も高め。
ふいうち70100優先度+1対面性能を高める先制技。メガミュウツーY中高乱数2。
アイアンテール10075防御↓30%対フェアリーやプテラへの有効打として。命中不安。
いわなだれ7590怯み30%ひこうタイプに広く通る。ひるみもそこそこ狙える。ダブルで特に有用。
かわらわり75100壁破壊ノーマルとの殴り合いに打ち勝ちたいなら。壁破壊効果も優秀。
れいとうパンチ75100凍り10%対くさ。範囲の広いサブ技。
ほのおのパンチ75100火傷10%対くさはれいとうパンチで十分か。
かみなりパンチ75100麻痺10%ギャラドスピンポイント。
変化技タイプ命中備考
みがわり-状態異常の回避や交代読み。
どくどく90物理受け対策。いわなだれの怯みと併せればターン稼ぎにも期待できる。
てだすけ-ダブルでのサポートに。

型考察 節を編集

メガガルーラ物理型 節を編集

性格:ようき/いじっぱり
確定技:からげんきorずつきorピヨピヨパンチ
優先技:ねこだまし/ふいうち
選択物理技:じしん/かみくだく/いわなだれ/かわらわり/れいとうパンチ
選択補助技:みがわり

ねこだまし→一致技orサブウエポン→ふいうちにより打点を稼ぐ。
耐久・素早さとも安定しているため多くの相手とタイマンできる。
ふいうちの存在でメガミュウツーYに止められないのも魅力。


相性考察 節を編集


対ガルーラ 節を編集

注意すべき点
弱点の少なさとバランスの良いステータスで広く撃ち合いを制する力がある。
ねこだまし・ふいうちにより対面性能が高い。
対策方法
おやこあいは失っており「ステータスが高いノーマルポケモン」以上の強さはないため、
ふいうちも半減できるかくとうタイプで正面から殴り勝ってしまうのが良い。
麻痺や火傷も有効。ただしみがわりやからげんきなどの対策手段を持っていることも多い。