ストライク - ポケモン対戦考察まとめWiki|レッツゴー(ピカブイ)

ストライク 節を編集

No.123 タイプ:むし/ひこう
体重  :56.0kg(けたぐりの威力80)
虫/飛HP攻撃防御特攻特防素早合計種族値
ストライク70110805580105500
メガカイロス651551206590105600

ばつぐん(4倍)いわ
ばつぐん(2倍)ほのお/でんき/こおり/ひこう
いまひとつ(1/2)むし
いまひとつ(1/4)くさ/かくとう
こうかなしじめん

むし×ひこう複合の物理アタッカー。
ハッサムが存在しないのでピカブイではストライクが最終進化系。
使い手の少ないつるぎのまいを覚えられる。

100族を抜ける素早さと攻守ともにバランスのとれた優秀な種族値配分を持ちながら、様々な要因によって活躍させることが難しいポケモン。
攻撃面ではひこう技に恵まれず、威力60のつばさでうつしか覚えられない。
防御面でも複合タイプの劣悪さから並程度あるはずの耐久力がまるで活きておらず、繰り出せる相手も非常に限られる。
加えてピカブイは6or6がスタンダードのステルスロック環境であり、選出することそのものが負担になってしまう逆風っぷり。
本編シリーズで頼みの綱だった特性テクニシャンを失った影響もモロに受けてしまっていて、強みが全部なくなってしまっている。

同タイプで同速のメガカイロスと枠を争う。
あちらはひこう技を一切持たないが、こちらもつばさでうつ止まりなのでどっこいどっこい。
とんぼがえりは一応こちらの特権なので、苦手な相手から上手に逃げつつ戦っていきたい。

ステルスロックでHPを半分減らされるタイプなので、HPは奇数に調整するのがよい。
個体値最大で無振りならHP実数値は145になる。



技考察 節を編集

攻撃技タイプ威力命中追加効果備考
シザークロス80(120)100-性能安定。半減されやすいのが難点。
とんぼがえり70(105)100交代交代読みや退却に便利。
つばさでうつ60(90)100-物理ひこう技はこれのみ。一応等倍範囲は広い。
でんこうせっか40100優先度+1安定した先制技。
フェイント30100優先度+2威力は下がるが他の先制技に先制できる。ダブルならまもる無効化。
かわらわり75100壁破壊はがねといわに通る。むし+ひこう+かくとうで範囲は広いが威力が足りない。
変化技タイプ命中備考
つるぎのまい-火力の強化に。ひこう技を活かすなら必須。
はねやすめ-先手で使えば耐性を変えられるが受け向きの種族値ではない。
ひかりのかべ-サポート用。
こうそくいどう-素早さの補強。メガシンカエスパーを倒したいなら。
どくどく-耐久相手に。はねやすめと合わせて粘るのもよいが呼ぶはがねには悪手。

型考察 節を編集

物理アタッカー型 節を編集

性格:ようき
優先技:とんぼがえり/つばさでうつ/つるぎのまい
選択攻撃技:シザークロス/でんこうせっかorフェイント/かわらわり
選択補助技:はねやすめ/みがわり/どくどく

高めの攻撃・素早さを活かしたアタッカー。
等倍相手ならそこそこやりあえるがむし技の通りが悪く流されがち。
とんぼがえりでダメージレースに寄与しつつ、くさ・じめん・かくとう技あたりに上手く繰り出していきたい。
自身で抜き性能を得ようとするならつるぎのまいを積むことがほぼ前提となる。


対ストライク 節を編集

注意すべき点
素早さが高くとんぼがえりを覚えるのでこちらの体力を削りながら身軽にサイクルを回してくる。
つるぎのまいを習得するため、隙を見せると抜きアタッカーに変貌する場合も。
対策方法
技威力が低いので素の火力は大したことがない。
一致技半減かわらわり等倍かつ素早さで上回るプテラは天敵であり、とんぼがえりを使う余裕さえ与えない。
交代戦向きながらステルスロックが4倍の複合タイプなので、あらかじめ撒いておければ万全の対策といえる。

覚える技 節を編集

レベルアップ 節を編集

LPLE威力命中タイプ分類PP備考
1でんこうせっか40100ノーマル物理30
1にらみつける-100ノーマル変化30
4きあいだめ--ノーマル変化30
8かげぶんしん--ノーマル変化15
12フェイント30100ノーマル物理10
16つばさでうつ60100ひこう物理35
20こうそくいどう--エスパー変化30
26きりさく70100ノーマル物理20
32かまいたち80100ノーマル特殊10
38エアスラッシュ7595ひこう特殊15
44つるぎのまい--ノーマル変化20
50シザークロス80100むし物理15

遺伝 節を編集

タマゴグループ?
孵化歩数6400歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で3328歩)
性別♂:♀=1:1